かなり以前からやってみたいと思っていたハンガリー刺繍。

クィリング作品としてデザインにも取り入れたカロチャ刺繍。

念願かなって北区田端にある「筒井はるみハンガリー刺繍教室」へお邪魔することができました。

筒井先生はそもそもヴィオラ奏者としてハンガリーと関わりをお持ちなのですが、そこで出会った刺繍に魅せられて日本でハンガリー刺繍教室を始められたとか・・・

先生のお宅には様々なハンガリー刺繍の資料も沢山あります。

とても興味深いですね。


クロスステッチしかやったことがない私は全くの初心者なので

刺し始めから糸の始末まで手取り足取り?で教えていただきました。

わたしの初めてのハンガリー刺繍はこちら

ハンガリー刺繍

糸の針加減がわからず散々な仕上がりですね(/_;)  拡大しないでくださいませ

サテンステッチとアウトラインステッチだけの単純な技法にも関わらず仕上がりはガタガタで悲しい・・・

それでも光沢のあるハンガリーの糸はとても綺麗です。

お花の中央には本当はエンジ色が入るのですが、キットの中に入っていなかったので

今度お教室へ行った時にいただいてきます。(ハンガリー刺繍糸は簡単には手にはいらないので・・・)


繊細なフランス刺繍とは違って素朴でおおらかなハンガリー刺繍。

太目の糸でサクサクと刺していきますが裏も表と同じように綺麗に仕上げるのはなかなか難しいようです。

クロスステッチのようにカウントしなくてもいいのでおしゃべりしながらでも刺せるのはいいですね~。

とても楽しい時間です。(^-^)


ご訪問ありがとうございました。




スポンサーサイト
その1

来年の干支の羊さんたちが完成しました。

いつもは結構ギリギリで冷や汗ものなのです💦

でも今年からは少し時間的余裕ができた・・・

と思ったら


アイデアの神様がす~~っと降りてきて ↓

レシピまでスイスイと出来上がった!(^^)!


羊さんって可愛い印象があるんだけれど

ワタシとしては「おとな可愛い」デザインに仕上がったかな~~

と思っていますがどうでしょうか?(^-^;

と言ってもまだ画像は公開できないのでゴメンナサイ


その2

どれくらい持っていたんだろう・・・と思い出せないほど昔から刺していたクロスステッチ

数か月前には刺し終わっていたんだけれど

やっとフレームに入れられて我が家の壁面に登場しました!

NCM_0007.jpg
©TCCL 2000

イギリスのカウントクロスステッチでデザインサイズは 29x37㎝

Botanical Floral IV [Amaryllidaceae]  アマリリス です。

自分でマウンティングしてみましたが・・・

むむっ!やはり歪んでいる(/_;)


やはり素人はこれくらいが限界ですかね~~(^-^; 

適度に色が褪せていてクラシックな感じが出せたと思います。

これからはクロスステッチなども少しづつご紹介したいですね。

なにしろストックが山のようにあるのでこれから寒くなる季節にはうってつけのチマチマ作業ですから(笑)


ご訪問ありがとうございました。