上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボタニカルクイリング・ジャパン(BQJ)第3回作品展が今年も7月7日~10日まで

池袋・オレンジギャラリーで開催されます。

私もQuill My Heartのアーティスト名で出展する予定なのですが・・・

作品制作におもいっきり行き詰っていました。(いつものことじゃいな~~~)

「クイリングに適していないモチーフ」とのご意見もあって、どわ~~~んと落ち込んで、更に「やっぱりね~」と妙に自分でもそのことに納得してしまっていたのです。

しかし、どうにも諦めきれない。

今創らなければもう一生創れないかもしれない。確かに適していないモチーフかもしれないけれどこれを創りたい!今が創る時じゃないの?

という気持ちがどうしても自分の中にあって無視できない。

ボタニカルクイリングって何?

写実的に植物を表現することとアートとして植物を表現することは両立できるの?

その違いって何なのよ~~?????

お~~~っ!頭がパニック・パニック・パニック・・・・


そんなこんなの今日、仲良くしていただいているお隣の奥様から1冊の図録を頂戴しました。

アップリケを芸術まで高められた方の遺作展の図録です。

その中の一文を読んで衝撃を受けました。


明日から新たな気持ちで作品に挑戦します。


真摯に向き合えば必ず応えられる。私はそう思う。







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。