上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月7日から10日間、今年はハンガリー・チェコ・スロバキア・オーストリア の中欧4か国に行ってきました。

旅の目的は

1.ハンガリー・ブタペスト  民俗博物館とハンガリー刺繍用の糸
2.チェコ・プラハ  ミュシャのスラブ叙事詩とミュシャ美術館
3.オーストリア  ハルシュタットとウィーンの美術史博物館と王宮

そしてこれらの都市を巡ること=ハプスブルク家の歴史を追いかけることにもなりますね。



全てを個人で手配するのは大変なので、いつもツアーに一人参加です。

今年の旅行は連泊が多くフリータイムもあるスケジュールでしたので旅の目的は全てクリアできました。私としては大変満足しています。

旅の目的に沿ってこれから少し書いてみたいと思います。

興味の無い方はどうぞスルーしてくださいませ。


往路は成田ーチューリッヒ トランジットーブタペストまでのスイスインターナショナルエアラインでした。

チューリッヒからの飛行機がとても可愛かったのでパチリ!
P1040739_convert_20160714210113.jpg

ブタペストはドナウ川を挟んで ブダ側の王宮地区 と 市街地区に分かれています。
P1040755_convert_20160714210524.jpg
ドナウ川にかかるエリザベート橋。エリザベートは窮屈なウィーン王宮を嫌いブタペスト滞在を好んだそうです。
P1040776_convert_20160714210659.jpg
王宮から市街地区を眺める。
P1040779_convert_20160714210813.jpg
王宮内の教会屋根。ジョルナイのタイル製。
P1040819_convert_20160714211233.jpg
市民の台所 中央市場
P1040833_convert_20160714211410.jpg
ドナウ川 夕景
P1040851_convert_20160714211514.jpg
ドナウ川夜景 くさり橋と王宮の丘  ドナウ川クルーズから

とここまではお決まりの観光コースなのですが・・・

目的を果たすために私はランチもそこそこに一人で街にでかけました。

初めての街で公共交通機関を使う時はいつも少しドキドキします。

ブタペストの地下鉄はヨーロッパではロンドンに次いで古い地下鉄です。

ヨーロッパでは多いのですが、ここも改札口はありません。駅によってはチケット売り場もなかったりします。

入口を降りていくと案の定チケット売り場はありませんでした。

黒いバックを持った男性がいたので「チケット売り場はどこですか?」と尋ねると

「僕が売ってあげるよ。シングルでいいの?何枚?」

と言う訳で彼は地下鉄の職員さんで、私はチケットをゲットし時刻を刻印してから無事に地下鉄に乗車できました。

改札口がない代わりに検札が頻繁に行われていますので、もし無賃乗車が見つかるととても高額な罰金を科せられますよ。

オクタゴンという駅で降りてネットで見つけておいた手芸屋さんを探して街中をウロウロ・・・

中世からの古い町並みなので表示が統一されていなくて、通りかかりの人に尋ねたりして20分くらい探し回りました。

やっと見つけたら2回くらい前を通り過ぎたり戻ったりした所でした。看板が見えなかったし番地表示もなかったから・・・

でも欲しかった刺繍糸をゲットできたのでとても嬉しかったです。

帰りは途中で見つけておいたスタバで一休みして、地下鉄1回乗り換えて国会議事堂まで行きました。

目的の民俗学博物館はハンガリーの国会議事堂の向いにありました。
P1040797_convert_20160715005917.jpg
国会議事堂
P1040794_convert_20160715010055.jpg
民俗学博物館入口

ちょうどその日はハンガリーの民族衣装を着た方たちが集まって何かイベントが開催されていたようで

私もハンガリーの歌や踊りを見学することができてとてもラッキーでした。
P1040800_convert_20160715010244.jpg

そして私の目的はハンガリー刺繍が施されたの民族衣装を見ることでした。

P1040804_convert_20160714210349.jpg
P1040802_convert_20160715000752.jpg

P1040813_convert_20160715001526.jpg
皮のジャッケットに刺繍されたもの
P1040805_convert_20160715001049.jpg

もっと沢山写真があるのですが・・・

この後で有名な カフェ ジェルボーにも行ってティータイムをしたり、もう一度市場へ行ってハチミツなどを買ったりもしました。

パリのセーヌ川クルーズのような華やかさとは違い、ドナウ川の夜景は落ち着いたライトアップでとても美しく、のんびりと楽しむことができました。

ブタペストはもう一度訪れたい街の1つになりました。

次はチェコ・プラハの想いでを書き留めておきたいと思います。


長文で失礼いたしました。
ご訪問ありがとうございました。










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。