上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は台風9号が関東に上陸して、雨が凄いことになっています。
大雨や洪水、がけ崩れなどこれからも注意が必要ですね。

私の家族も埼玉県に住んでいるので大雨が心配です。


そんな訳で今日は1日うちにこもっているので

NHK文化センター宇都宮の秋講座のサンプルとレシピ作りも順調に完成しました。

ブログ用

3回でこの2点!

初心者さんには結構ボリューミーかも・・・

でも大丈夫(^-^)

ちゃんとサポートいたします(*^^)v



ところで 中欧旅行のお話 その2 

チェコのプラハやチェスキークルムロフのことを少し書いておきたいと思います。
(記憶がだんだんと薄れていくので・・・(*´Д`)

チェコの首都 プラハ
2度の世界大戦でも奇跡的に爆撃を受けることなく、中世の街並みがそのまま残っている王宮と旧市街。
ブルタヴァ川を渡るカレル橋で繋がっています。
また様々な建築様式の建物が多く存在しているので「百塔の街」とも言われています。

実は私がプラハでどうしても見たかったのは チェコの画家 アルフォンス ミュシャ(ムハ)の作品でした。

P1040884_convert_20160822135840.jpg
王宮の正門

P1040887_convert_20160822135949.jpg
王宮を警護している衛兵の交代式に偶然遭遇

P1040891_convert_20160822140708.jpg
王宮裏手の坂道 プラハの街並みが広がっています。 映画の撮影にもよく使われるそうです。
 
P1040899_convert_20160822140320.jpg

王宮内部聖ヴィート教会にあるミュシャ制作のステンドグラス 中央(下から3段目左から4つめ)の少年はミュシャの息子がモデル
中世のステンドグラスと違いガラスにミュシャが描いている。

P1040925_convert_20160822140527.jpg
教会の外観 巨大

P1040936_convert_20160822141056.jpg
プラハの旧市街 トラムで移動がとても便利 でもご注意!その訳は・・・後ほどご報告いたします(-_-;)

P1040939_convert_20160822140832.jpg
王宮と旧市街を結ぶ有名なカレル橋にはたくさんの聖人像が立っています。こちらはプラハの守護聖人 聖ネポムツスキー
5つの星の輪が目印

P1040940_convert_20160822141156.jpg
聖ネポムツスキーの台座の部分を触ると幸せが訪れるという、よくある伝説。
両方にあるのですが小柄な私は片方しか届きません(泣)

P1040946_convert_20160822141313.jpg
カレル橋を渡ってプラハ王宮の遠景 王宮の下はマラーストラナという貴族たちの住居がある地域

P1040949_convert_20160822141422.jpg
カレル橋と王宮  実はカレル橋を渡っている時に ジャージ姿のオードリー春日さんと魔裟斗さんに遭遇。何かのロケだったようです。
こんな遠くまでお仕事、ご苦労様です。

P1040955_convert_20160822141532.jpg
旧市街の中心の広場 
セグウェイツアーはどこでも見かけるようになりましたね。旧市街は車の乗り入れが禁止なので便利なのかな?

このあとはランチタイム。そして午後はお待ちかねのフリータイムです。

フリータイムではヴルタヴァ川を渡った少し郊外にある「ヴェルトルジュニー宮殿(美術館)」へどうしても行きたい!
何故なら今回の旅行の目玉 ミュシャの「スラヴ叙事詩」が見たいから。

そこでキオスクでチケットを買ってプラハのトラム初体験となりました。
トラム番号を予め調べていたので以外と簡単に美術館へ到着!


P1040962_convert_20160822141642.jpg
ミュシャ「スラヴ叙事詩」 全部で20枚

P1040963_convert_20160822141814.jpg
圧倒されて他の写真を撮るのも忘れる

P1040964_convert_20160822141914.jpg
1枚がこの大きさです。(約6x8m)

本当に素晴らしかったです。スラヴ民族の歴史の中にある喜びや悲しみや苦悩が一度に覆いかぶさってくるような迫力。
どうしてもこれを書きたくて名声を得ていたパリから帰国したミュシャの決断も伝わってくるようでした。

実はこのスラヴ叙事詩はプラハでも2015年末までの展示予定だったのですが、開催中に美術館の建物にトラブルが発生。
一時休館を余儀なくされたために開催期間が2016年末までに延長されたのです。
私はそのお蔭?で見られたという訳です。ゆっくりと堪能できて本当に嬉しかったです。
来年春にはこれらが日本の新国立美術館でも見られます。きっと物凄く混雑するでしょうね。

美術館を出て、帰りのトラムにのりました。
とここまでは順調だったのですが・・・

途中の停留所で何かのアナウンス。チェコ語は全く理解不能の私???
すると乗っていた人々がぞろぞろと降り始め・・・車内は数人に

なるほど!これがプラハのトラムでよくある 突然の行き先変更か!

少し冷静になって地図を見てみる。

車内アナウンスに次の地下鉄駅の名前があったことを思い出し、

ここで降りるよりも次の地下鉄駅まで行って、そこから地下鉄を利用して街の中心まで戻った方がよさそう。

と言う訳で無事に戻ってこられました。

プラハに行かれる方はちょっとご注意くださいね。



P1040965_convert_20160822142008.jpg
市民会館
こちらの1階のカフェ、素敵です!

P1040969_convert_20160822142227.jpg
市民会館の壁画(これも確かミュシャだったような???)

P1040966_convert_20160822142100.jpg
火薬塔

旧市街には私設のミュシャ美術館もあります。
こちらは日本でもファンの多い、パリの女優 サラ・ベルナールの「ジスモンダ」や「ヒヤシンス姫」などのポスターが展示されていますが、撮影禁止のため画像はありません。

プラハの街は治安もよく、歩きやすくて楽しい街でした。
何よりも希望していたことがほぼ達成できたので、本当に充実した素晴らしい1日でした。

次はチェコの古都 チェスキークルムロフとオーストリアのザルツカンマーグトを少し書いておこうと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

ご訪問ありがとうございました。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。