上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を大切に思うのは当たり前ですが、自分以外の人のことも大切にしたいと日頃から心掛けています。
自分さえよければそれでいい・・・悲しいけれどそんな人たちが増えているように感じています。

ごめんなさい。少し長文です。興味の無い方はどうぞスルーしてくださいませ。


著作権を含む知的所有権はとてもデリケートな問題です。

世の中に何かを産み出せばそこに付随して発生する権利です。

例えばあなたのお子さんが絵を描きます。するとその絵にはあなたのお子さんの著作権が発生するのです。

どこかの役所に届ける必要はありません。

もしあなたのお子さんが描いた絵をどこかの企業の関係者が偶然見て、「この絵はわが社の新商品のイメージにぴったりだ!この絵を使ったCMを作って商品をバンバン売りまくって儲けよう!」

と勝手に絵を使い商売をしたらこれはあきらかにあなたのお子さんの著作権を侵害していますよね。

これはとても分かり易い。

商売としてではなく個人的に楽しむだけだったら、例えば手芸本の中の掲載作品のレシピを見て同じものを作って楽しむだけだったらこれは現状ではOKですよね。

では手芸本の中の作品を真似して作った作品をある作品展に出展したとします。

値段をつけて売るわけではないのでこれは問題にはならないでしょうか?

確かに金銭が絡んでいるわけじゃない。

でも創造する人間=クリエーターとしてのプライドはそこに存在しているでしょうか?


とある地方都市のとあるギャラリーでワタシが遭遇した作品がそうでした。

それは明らかに某書籍(洋書)に掲載されている作品を模倣して作った作品で、全く異なったタイトルをつけて
堂々と展示してありました。

「このまま見過ごして何も言わなかったらこの人はまた同じようなことを繰り返すかも」

と思いました。

悪気は無いとは思う。でも間違っていると思う。

「模倣」が悪い訳じゃない。偉大な画家たちも最初は模倣から始まった。

でも模倣した作品をあたかも自分が創造した作品のごとくタイトルを変えて展示していることをどうしても黙認できないワタシでした。

模倣したくなるほどの素晴らしい作品を産み出したオリジナル製作者に対する尊敬の気持ちがあるならば、タイトル変更までしてまるで自分のオリジナル作品のように見せかけた出展なんかできないと思う。

誰かの作品を模倣したのならば正々堂々とそのことを表示すべきだと思います。

何かの書籍を作品デザインの参考にしたのならばそのことを表示すべきだと思います。

そうすることが苦労して完成させた自分の作品を大切に思うことだし、他の人の作品も大切に思うことではないでしょうか。

ギャラリーの責任者の方はワタシの話を真摯に受け止めてくださって即その作品は取り下げとなりました。
(元作品が掲載されている書籍をお見せしました)


海外の書籍だからどうせ判らないだろうとかこれ位のことで騒がなくてもとか、

いろいろご意見はあると思いますが黙っていたらいつまでたっても状況は変わらないと思います。

必要以上にナーバスになることはないと思いますが、モノを創る人は少なくともその作品を創った人の労力や苦悩や喜びを共感できるクリエーターであって欲しいと思います。

もちろんワタシも含めてです。


先日もあるサイトで同じようなことがありました。

とても残念です。
























スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://quillmyheart.blog.fc2.com/tb.php/39-5352d586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。