上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は東京・四谷のおもちゃ博物館に行ってきました

「ボタニカルクイリング・ジャパン(BQJ)」認定インストラクターを対象としたクイリング作家・小紙陽子さんの特別講習会に参加してきました。

小紙さんはBQJのクリエイティブアドバイザーでもあるのですが、某種苗会社の通販雑誌の表紙を担当されていたこともあってクイリングを使った植物表現は「さすが!プロ!」という感じです
某クラフト系通販雑誌ではクイリングキットの企画・商品化も!
さらには以前出版された2冊の本には日本のクイリング本では珍しくプレミアがついています

しかし、ご本人はいたって普通というか自然体なんですね~

好きさん(私もですが・・・)に共通の何というか、まったり感みたいな・・・

でもデザインのプロですからそこは厳しく(?)ご指導いただきました、ハイ

11時から始まって午後5時まで、昼食を挟んで内容濃くみっちりとです。

クイリングに限らずオリジナル作品を作るときはどうしても自己満足になりがちです。

自分の好きなデザイン、自分の好きな色、自分の好きなフレームetc.
自分の好きな世界はもちろん大切にしたい。
万人に受けるアートはあり得ない。
でも見た人が作品から受ける心地よさは大切にしたい。
あ~ぁ!難しい

プロはクライアント第1ですからそこがアマチュアと大きく違うところですね。
そういう視点も大切にしなければならないと思いました。
作るサイドからだけではなく見るサイドからも学ぶことは多いな~

個人差は歴然としてありますが、クイリングテクニックは時間をかければある程度習得できます。
でもそれだけでは越えられないオリジナル作品制作。

これから苦しくて辛い1か月半が始まる予感一杯です










              


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://quillmyheart.blog.fc2.com/tb.php/5-9823dd45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。